バカラの楽しみ方とルール┃オンラインカジノ定番のゲーム

バカラ,オンラインカジノゲーム

「バカラ」は リアルカジノでも、ギャンブル性が高く多くのギャンブラーから人気のテーブルゲームの一つです。
プレイヤーは「BANKER」と「PLAYER」のそれぞれに配られたカードを見て、どちらが勝つかを予想して、チップをかけるゲームです。

プレイヤーとディーラーとの1vs1での戦いではなく、あくまでもプレイしているユーザーは、ゲーム上の「BANKER」と「PLAYER」のどちらが勝てるかを予想する、というのが特徴で、あくまでもリアルのプレイヤーは第三者となります。

オンラインカジノでの「バカラ」の遊び方

バカラの勝敗の決め方は「配られた2~3枚のカードの合計下一桁が9に近い方が勝ち」と言う判定方法です。
チップを掛ける前に、「BANKER」と「PLAYER」に配られたカードの数字を見て勝敗を予想してチップを賭けて遊びます。どちらでもない場合は、「引き分け(TIE)」というエリアも選択することができます。

基本の遊び方の流れ

オンラインバカラの遊び方

上記の通り、ゲームが始まったら「BANKER」と「PLAYER」または「引き分け(TIE)」のゾーンにチップをベット。
双方にカードが2枚、または三枚配られ、「配られた2~3枚のカードの合計下一桁が9に近い方が勝ち」という勝敗基準でゲームが進行します。

ディーラーのヒット&ステイのルール

最初に配られたカードの数字によって、ディーラーが取るべき行動が変わってきます。
基本的にディーラーは、決まった行動しかすることができません。

○「PLAYER」
0~5:3枚目のカードを引く
6,7:カードを引いてはならない(スタンド)
8,9:BANKERが8,9でなければ、そのまま勝ち
※BANKERはカードを引くことができない。BANKERも8,9の場合はそのまま勝負。

○「BANKER」
0~2:3枚目のカードを引く
3のとき:
PLAYERがカードを引かない→BANKERは3枚目のカードを引く
PLAYERがカードを引いた→「8」の場合、BANKERは3枚目を引くことができない
それ以外の場合は、3枚目のカードを引かなくてはならない

4のとき:
PLAYERがカードを引かない→BANKERは3枚目のカードを引く
PLAYERがカードを引いた→「0」「1」「8」「9」の場合、BANKERは3枚目を引くことができない
それ以外の場合は、3枚目のカードを引かなくてはならない

5のとき:
PLAYERがカードを引かない→BANKERは3枚目のカードを引く
PLAYERがカードを引いた→「4」「5」「6」「7」の場合、BANKERは3枚目を引くことができない
それ以外の場合は、3枚目のカードを引かなくてはならない

6のとき:
PLAYERがカードを引かない→BANKERは3枚目のカードを引く
PLAYERがカードを引いた→「6」「7」の場合、BANKERは3枚目を引くことができない
それ以外の場合は、3枚目のカードを引かなくてはならない

7のとき:3枚目のカードを引くことができない
8,9のとき:PLAYERが8,9でなければ自動的に勝ち
※PLAYERはカードを引くことができない。PLAYERも8,9の場合はそのまま勝負

主なバカラのハウスエッジ

基本的に引き分けには賭けないことが推奨されていますが、バカラ初心者の場合はどちらに賭けるのがいいのでしょうか?
バカラは、「BANKER」と「PLAYER」のどちらにベットして勝ったかで、ハウスエッジのパーセンテージが異なります。

  • BANKERの勝ち:-1.06%
  • PLAYERの勝ち:-1.24%
  • 引き分け(TIE):-14.36%

このように見ると、引き分けは負けるリスクが少ないものの、徴収される金額が大きくなると言うことが分かります。
このように、基本は「BANKER」と「PLAYER」のどちらかにベット。無難な方が「BANKER」ぐらいの認識で覚えておくといいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る