ビデオポーカーの楽しみ方とルール┃駆け引きのスリルがたまらない!

videopoker

ビデオポーカーは、スロットゲームの画面でプレイするような。ゲーム性の高いポーカーゲームです。
通常オンラインカジノで楽しめるポーカーは、あくまでもテーブルゲームのポーカーを再現したものになります。このビデオポーカーは、リアルカジノでもスロットマシンのような機会に座ってポーカーを楽しむというものになっています。

ビデオポーカーの遊び方

オンラインカジノでのビデオポーカーの特徴は、従来のビデオポーカーの良さを踏襲しながらも、スロットのようなマルチハンドやダブルアップのような要素を加えているところなどもポイントです。
基本は、ポーカーのルールと変わりありませんが、大きく分けて3つの種類があるので、その違いなどを見ておきましょう。

videopoker

一般的なビデオポーカーの遊び方

ビデオポーカーには、大きく三種類に分類できます。
その中でも、基本となる一般的なビデオポーカーを紹介します。

52枚のカードを1デッキとしてプレイします。
チップをベットした後に、ディールを押すとランダムで5枚のカードが手札に配られます。
ハンド(役)を作るために、残すカードと変えるカードを選択すると、残りのデッキから新しいカードが配られるので、ハンドを作ります。
ハンドが出来上がれば、配当が配られてゲーム終了です。

ビデオポーカーの種類

●ジャックオアベター
一般的なビデオポーカーといえば、このタイプです。
「フルペイ」と呼ばれる機種になり、ポーカーのルールを知っているプレイヤーなら非常に勝ちやすいビデオポーカーです。

●デュースワイルド
数字の「2」がワイルドカードになるビデオポーカーです。
上記のジャックオアベターの「フルペイ」機種と同様に、ポーカーを知っている人なら勝ちやすいと言われる機種になります。

●ジョーカーポーカー
ジョーカーのカードをワイルドカードとして扱うビデオポーカーです。
ジョーカーが入っていることで、ハンドが揃いやすくなり、高配当を狙いやすくなるタイプです。

ビデオポーカーのマルチハンドとは?/h3>
マルチハンド機能がついたビデオポーカーは、一回のプレイで複数のハンドを一度に作れる機能です。
いわゆる、1リールスロットを複数同時回転させるようなものです。

マルチハンド機能を使うことによって、配当が変わったりすることは無いので、あくまでもプレイヤーの手間の面から、機能がついているものがあれば、利用してみても良いかもしれませんね。

実はビデオポーカーは比較的勝ちやすいと言われるカジノゲーム

videopoker

ビデオポーカーは、機種によって微妙にルールが違ったり、有効になる戦略が異なります。
しかし、基本的にビデオポーカーはカジノゲームの中でも比較的勝ちやすい、プレイヤーが有利に運びやすいと言われるカジノゲームなのです。

●ハウスエッジが低めの機種は大当たり
ビデオポーカーは機種によって、ハウスエッジや配当の額が異なります。
その為、配当が高くハウスエッジが低い機種を見つけることができれば、それだけでも他のカジノゲームよりもお得と考えられます。

さらに、それにビデオポーカーの戦略を組み合わせることで、より有利にゲームを数sめることができます。

見た目の雰囲気から、スロットゲームと間違えてしまうかもしれませんが、気になる方は一度体験ゲームなどで遊んでみてはいかがでしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る