アメリカにあるランドカジノはどこ?服装や年齢制限は?

アメリカで人気のカジノ施設

海外にあるランドカジノに行ってみよう!

2016年12月のカジノ法案可決以降、日本にもカジノ施設が建てられるのも時間の問題と言われています。
「本場のカジノをこの目で見たい」「華やかな雰囲気を体感したい」「臨場感を味わいたい」とワクワクしている方は少なくないはず^^

ただ、完成するのは2025年前後なんだとか。
「待ちきれない・・・><」そんな方は、一度海外のランドカジノ(実店舗)でカジノを楽しんでみてはいかがでしょうか?

世界では非常にポピュラーなカジノ。
今回はアメリカにある本場のカジノについてご紹介しようと思います!

アメリカで人気のカジノ施設

アメリカでは州によってカジノを禁止しているところもありますが、ネバダ州、ニュージャージー州、アイオワ州、ミシシッピ州ではカジノが合法化されています。

その中でも、アメリカのカジノと言えばラスベガスのイメージが強いのではないでしょうか^^
「フラミンゴ」「ミラージュ」「ベラージオ」「シーザーズ パレス」などアメリカにはカジノ施設がたくさんありますが、今回は日本にもある「ハードロックホテル&カジノ」についてご紹介しようと思います。

ハートロックホテル&カジノ
「Hard Rock Cafe」と書かれた大きなギターを見たことがある方も多いのではないでしょうか^^
ハードロックホテル&カジノはカジノが併設されたホテルのブランドで、ハードロック・インターナショナルが運営しています。
1995年にラスベガスに開設。チェーン展開が進み、今や世界中で運営されるほど大きくなりました。

カジノと言えば「スタイリッシュ」「煌びやか」「上品な大人」というイメージが強いかもしれませんが、ハードロックホテル&カジノはユニークなエンターテインメントが楽しめるのが特徴です。

日本ではカフェ運営の「ハードロックカフェ」が6軒あり、カジノ解禁後初のカジノ施設がハードロックホテル&カジノになるのではないかと言われています。期待が膨らみますね^^

年齢制限について

「成人ならどこのカジノも入場できるんじゃないの?」と思っている方は要注意です。
アメリカでは18歳になると成人として扱われますが、カジノへ入場するには21歳以上でないといけません。
入場前はもちろん、入場後も施設内で年齢確認を行われる場合があるので、パスポートなど年齢が確認できるものを必ず持っておきましょう。

当たり前ですが、どんな理由があっても21歳未満の方は入場することができません。
「せっかく旅行に来たのに・・・」と悲しい結果で終わらないためにも、きちんと覚えておいてください。

ドレスコードについて

ドレスコードについて
ちょっとここで豆知識。
実はカジノでのドレスコード国によって違うのをご存知でしょうか?

アメリカはカジュアルな服装でOKとされていますが、施設によってはタキシードやドレスなどフォーマルな服装を求められる可能性があるので、事前に調べたり念のため用意しておくと良いでしょう。
(カジュアルOKといっても、タンクトップやノースリーブ、短パン、サンダルなどのラフすぎる格好は避けましょう><)

ちなみに、アジアではカジュアル、ヨーロッパではフォーマル、オーストラリアではスマートカジュアルが基本になります。
日本でのドレスコードはどうなるか、楽しみですね^^

本場のカジノで海外旅行をさらに楽しく!

いかがでしたでしょうか?
アメリカでは実にたくさんのカジノホテルが運営されていて、なんと空港にもスロットマシンが置いてあるほどのギャンブル大国です。
華やかなネオンに彩られたランドカジノ、メインの旅行にするのも良し、記念に寄り道して行くのも良し、海外旅行をさらに楽しんじゃいましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る